理事長プロフィール

 

理事長プロフィール:大島 佑介

プロフィール紹介

プロフィール紹介

経歴
1986年 大阪府立天王寺高等学校・卒業
1992年 大阪大学医学部・卒業
大阪大学医学部眼科学教室・入局
1993年 多根記念眼科病院
1995年 淀川キリスト教病院眼科
1997年 大阪労災病院眼科
1999年 大阪大学大学院医学系研究科臓器制御学専攻(博士課程)
京都大学再生医科学研究所(国内留学)
2003年 大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室・助手
2008年 大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室・学内講師
2010年 大阪大学大学院医学系研究科眼科学教室・講師
2013年 医療法人社団 済安堂 西葛西 井上眼科病院・副院長
2014年 大阪府高槻市に「おおしま眼科クリニック」開設・院長
2015年 医療法人社団 聖佑会・理事長
招聘担当
2012年 中国南開大学医学院・客員教授
天津市眼科医院網膜硝子体部門・顧問
2012年 米国網膜硝子体専門誌(Retina Today)国際編集委員
2013年 京都府立医科大学眼科学教室・客員講師
2013年 米国網膜専門医学会 日本連絡代表
2014年 医療法人社団 済安堂 西葛西 井上眼科病院・顧問
資格
  • 医学博士
  • 日本眼科学会専門医
  • PDT認定医
  • ボトックス治療認定医
  • オルソケラトロジー認定医
  • 視覚障害者用補装具適合判定医
所属学会
  • 日本眼科学会
  • 日本網膜硝子体学会
  • 日本眼科手術学会
  • アメリカ眼科アカデミ(AAO)
  • アメリカ白内障・屈折矯正学会(ASCRS)
  • アメリカ網膜専門医学会(ASRS)

受賞歴

受賞歴

米国網膜専門医学会(ASRS)にて「HonorAward」
院長が米国サンディエゴで開催された米国網膜専門医学会(ASRS)で、これまでの学会貢献を「HonorAward」として表彰されました。
アジア・パシフィック眼科学会総会にて「Achievement Award」
院長が、香港で開催されたアジア・パシフィック眼科学会総会(APAO2018)で、これまでの学会貢献を「Achievement Award」として表彰されました。
ベストドクターズインジャパン

院長が米国ベストドクターズ社から医師同士の評価によって選ばれる「Best Doctors in Japan」に2014年から4期連続で「Best Doctors in Japan 2020-2021」に選出されました。

※Best DoctorsおよびベストドクターズはBest Doctors,Inc.の商標です。

ベストドクターズとは?

ベストドクターズ社は本拠を米国に置き、世界各国で病状に応じた適切な治療やセカンドオピニオン取得のための名医紹介などを行っている会社です。また、「医師間で信頼されている医師」のデータベース構築に取り組んでおり、ベストドクターズの調査は、医師同士が相互評価する調査として医療界最大級のものです。各医師に、自らの専門分野や関連分野において「自身または家族の治療を自分以外の誰に委ねるか」という観点から他の医師について評価し、その集計からその年度のベストドクターズを決定するものです。現在、世界中で約53,000名の医師が名医として認定されており、日本でも約6,100名が認定されています。(2014.7現在)

ベストドクターズ公式サイト:http://www.bestdoctors.jp

その他受賞
Achievement Award, American Academy of Ophthalmology Annual Meeting
(2010.10, Chicago, USA)
第5回 Pfizer Ophthalmic Surgery Film Award ゴールデンアワード
「27ゲージ硝子体手術:低侵襲手術への挑戦」  第33 回日本眼科手術学会
(2010.1.23, Tokyo, Japan)
Best of Show, Video presentation “27-gauge vitrectomy: the least invasive transconjunctival sutureless vitrectomy system.” American Academy of Ophthalmology Annual Meeting
(2009.10.24-27, San Francisco, USA)
Winner of Refractive/Cornea session, 2009 APACRS film festival
“Chandelier illumination: powerful tool for phaco-oscillation and Descemet stripping endothelial keratoplasty through severe corneal haze” 22nd Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons Annual Meeting
(2009.6.26-28, Tokyo, Japan)
Best paper of the session, cataract challenging cases “Self-retaining chandelier retro-illumination for cataract surgery in patients with severe corneal opacity” 2008 ASCRS.ASOS symposium & Congress
(2008.4.4-9, Chicago, USA)
The first prize in the category of special cases “Self-retaining chandelier endo-illumination-assisted torsional oscillation for cataract surgery in patients with severe corneal opacity” Videocataractrefractive 2008
(2008.2.15, Milan, Italy)
ESCRS/ALCON 2007 Video Competition THIRD PRIZE for Innovation.
“Self-retaining chandelier endo-illumination-assisted torsional oscillation for cataract surgery in patients with severe corneal opacity” XXV Congress of the European Society of Cataract and Refractive Surgeons
(2007.9.9, Stockholm, Sweden)
第3回 Pfizer Ophthalmic Surgery Film Award グランプリ
「シャンデリア照明による前眼部手術への応用」 第31回日本眼科手術学会
一番上に戻る
高槻(西冠)072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900 高槻(宮田町)072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540 八尾(桜ヶ丘)072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011