翼状片

 

翼状片とは

翼状片とは、白目の表面を覆っている結膜が、目頭の方から黒目に向かって三角形状に入ってくる病気です。片眼に起こる場合が多いですが、しばしば両眼にも起こります。原因は不明ですが、紫外線などの外的要因が関係していると言われています。

どのような症状が出ますか?

充血やゴロゴロするといった異物感などがあります。鏡でご自身の眼を見て、「目頭の白目が黒目に伸びてきた」という症状で受診される方もいます。翼状片が進行し、黒目の中心付近にまで伸びてくると、乱視が強くなって視力低下を起こす場合があります。

どのような治療を行うのですか?

症状がなければ様子をみても問題ありません。充血や異物感が強い場合は点眼薬での治療を行います。翼状片が進行し、乱視が強くなって視力低下を起こす場合や見た目が気になる場合には手術で切除します。若い方や翼状片が大きい方は手術後に翼状片が再発する場合があります。

術前

翼状片術前

術後

翼状片術後

眼科疾患と治療について

一番上に戻る
高槻(西冠)072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900 高槻(宮田町)072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540 八尾(桜ヶ丘)072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011