中心性漿液性脈絡網膜症

 

中心性漿液性脈絡網膜症とは

中心性漿液性脈絡網膜症は、網膜の中で、最も視力に関係する部分(黄斑)に水がたまる病気です。30~50歳代の働き盛りの男性に多くみられ、片方の眼に発症することが多いですが、両眼に発症する場合もあります。原因は不明ですが、精神的・肉体的ストレスが影響すると言われています。また、妊娠をきっかけに発症したり、副腎皮質ステロイド薬の副作用で発症することもあります。網膜に栄養分を供給する脈絡膜の血管から血液中の成分が滲み出し、網膜の下に溜まることで起こります。ほとんどは良好な経過をたどり自然に治ることが多い病気ですが、治療を必要とする場合もあります。

どのような症状が出ますか?

視力低下や、視野の中心が暗く見えたり、物が小さく見えたり歪んで見えたりします。病気が長引いたり再発を繰り返したりすると、病気が改善しても何らかの症状が残る場合があります。

どのような治療を行うのですか?

数か月をかけて自然に治ることがあるため、循環改善薬やビタミン剤の内服で様子をみることがあります。しかし、病気が長引いたり再発を繰り返す場合、滲み出している部分が黄斑の中心から離れているときには、滲み出している部分にレーザー治療を行うこともあります。滲み出している部分が黄斑に非常に近い場合や広範囲に滲み出している場合には、
光線力学療法(PDT)という特殊なレーザー治療を行う場合もあります。光線力学療法による治療が必要な患者様については、専門施設を御紹介させていただきます。

中心性漿液性脈絡網膜症治療前1

中心性漿液性脈絡網膜症治療前2

フルオレセイン蛍光造影では漏出点(病巣)からの蛍光漏出が経時的に拡大する

治療前

中心性漿液性脈絡網膜症治療前

治療後

中心性漿液性脈絡網膜症治療後

眼科疾患と治療について

一番上に戻る
高槻(西冠)072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900 高槻(宮田町)072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540 八尾(桜ヶ丘)072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011