網膜硝子体手術

 

硝子体(しょうしたい)手術とは

硝子体(しょうしたい)手術についてアルコン社「Constellation」
世界最小の切開創の手術を
可能にした最新型の硝子体手術装置

硝子体は、水晶体より奥にある眼球の大半を占める透明な卵白のようなドロッとした組織であり、眼球の形を保ち、中に入る光を屈折させる役目をしています。硝子体が様々な原因で網膜を引っ張ったり、炎症を持続させたり、濁ったり、出血することによって目の障害を引き起こします。この硝子体腔に起こった疾患を治療する目的で、眼内の出血や濁りなどを硝子体といっしょに除去する手術が網膜硝子体手術です。硝子体を切除するには、白目の部分に3カ所小さな穴を開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除き、網膜にできた増殖膜や網膜裂孔を治し網膜の機能を回復させます。当クリニックの院長は、この硝子体手術の分野で27Gというわずか0.4mmの世界最小の切開創での硝子体手術システムの開発者であり、年間に400例を超える豊富な硝子体手術の執刀経験を有する網膜硝子体疾患のスぺシャリストです。熟練の技術と大学病院や総合病院に並ぶ最新の医療設備を整えた当クリニックでは安全な日帰り硝子体手術を行います。

手術方法

手術方法ほとんどの硝子体手術は局所麻酔で行います。
手術室で眼の消毒をした後に眼の下の部分に麻酔の注射をします。それでも痛みに過敏な方には、術中に適宜に麻酔を追加することでほとんどの痛みを取り除くことが可能です。

  1. まず白目の部分に手術機器を挿入する小さな穴を3ヶ所あけます。

    3か所の穴(創口)には次のような目的があります。

    1つ目:術中に眼球の形態を保つための灌流液を入れる
    2つ目:眼内を照らす照明を入れる
    3つ目:硝子体を切除するカッターと呼ばれる器具やピンセットなどのセッシやレーザープローブを入れる

  2. 濁った硝子体を切除し、膜を取り除きます。

    出血などで濁った硝子体をカッターで切除し、切除した分量だけ眼内に灌流液が入り置き換わっていきます。その後は疾患により、網膜上に張った膜をピンセットのような器具でめくったり、増殖膜と呼ばれる分厚い膜をハサミで切り取ったり、網膜にレーザーを照射したりと必要に応じて処置を行います。

  3. 網膜剥離や黄斑円孔などの疾患は、灌流液をガスに入れ換えて手術を終えます。
    ガスで剥離した網膜を元の場所に張り戻したり、空いた穴を閉じさせたりします。ガスを注入した患者さんは術後数日間うつむき姿勢が必要になります。 これ以外に、白内障に罹っている患者さんは白内障手術も同時に行うことがあります。

手術の注意事項

内科疾患のある方は、手術前に主治医に確認しますのでお薬手帳をお持ちください。
手術時間は疾患によりますが、軽症なら1時間弱、重症の場合は2時間かかります。
硝子体手術と同時に白内障手術が必要な方は、白内障術前検査を行います。
ここ数年来の手術の進歩によって、ほとんどの疾患は短時間の手術で日帰り手術が可能となりましたが、全身状態が不良などを理由に入院を強くご希望の患者さんには連携の医療機関をご紹介いたします。
手術内容や術後視力は、患者様の病気の状態によってさまざまです。手術前に主治医から詳しく説明させて頂きますのでご安心下さい。

術後の視力は、手術前の病気の状態によって大きな差があります。手術が必要となったら、視力の回復のために、時機を逃さず、なるべく早い段階で手術を受けることが大切です。

術後のうつむき姿勢について

術後のうつむき姿勢について手術終了時に硝子体内にガスを注入した場合、術後にうつむき姿勢が必要となります。黄斑円孔や網膜剥離の方は必須です。

硝子体手術によって視力改善が期待できる疾患

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症の一つで網膜の毛細血管が閉塞して血のめぐりが悪くなり、硝子体の出血や黄斑部の浮腫、さらに進行すると牽引性の網膜剥離を引き起して視力が低下します。

裂孔原性網膜剥離

目の奥の網膜というカメラのフィルムに相当する神経の膜組織があります。何らかの原因で網膜に穴が開いて剥がれてしまい、視野と視力障害を引き起こす病気です。

黄斑前膜(黄斑上膜)

眼球の網膜の前に膜が張って黄斑がそれに遮られてものがゆがんで見えたり、色がくすんで見えたり、やがては視力が低下してくる病気です。

黄斑円孔

部分的な後部硝子体剥離に伴う牽引が原因により眼底の中心にある黄斑部の網膜に穴があく病気です。 黄斑部は網膜の中心に位置していて、物を見るための中心部分のため、黄斑円孔になると非常に物が見えにくくなり視力が低下します。以前は治療法がなくやっかいな病気でしたが、今では手術でほとんど円孔を閉じて視力も回復できるようになりました。

黄斑浮腫

黄斑浮腫とは、網膜の中心となる黄斑部に液状の成分がたまり、むくみを起こし視力が低下する病気のことを言います。視力の低下の他、物がぼやけて見える、ゆがんで見えるなどの症状を引き起こします。黄斑浮腫は、糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、ブドウ膜炎など、さまざまな病気が原因となって引き起こされることが多いです。

硝子体出血

網膜の血管などが切れて出血し、硝子体腔に出血が溜まった状態を硝子体出血と言います。光が出血により網膜までうまく届かないため、視力障害を引き起します。糖尿病網膜症、網膜静脈分枝閉塞症、裂孔原性網膜剥離、加齢黄斑変性などが原因となって引き起こされることが多いです。

その他

増殖硝子体網膜症、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症、網膜下出血、硝子体混濁など

硝子体手術の合併症

1出血

手術後に、眼内に出血(硝子体出血)が生じることがあります。出血が少量であれば自然吸収を待ちますが、吸収が遅い場合は再手術をして取り除きます。 手術中に血圧が上がったり、強く緊張する、咳き込むなどの負荷が加わると、目の奥にある動脈から急激な出血が起こることがあります。これを駆逐性出血と言います。このような出血の頻度(10,000例に1例)は極めて少ないのですが、視力が大きく損なわれ、失明に至ることもあります。

2網膜剥離

術後に網膜剥離が起こることがあります。この場合、網膜を元の状態に戻すために、再手術を必要とします。

3角膜障害

糖尿病では、角膜の機能が元々悪く、手術を契機に角膜表面に傷が付いたり、角膜が濁ることがあります。

4緑内障

手術後に眼圧が上がることがあります。点眼、内服で治療をしますが、眼圧が下がらない場合には、緑内障の手術を必要とすることがあります。また、糖尿病網膜症の病勢いが強いときには、虹彩や隅角に新生血管が現れて、血管新生緑内障という極めて治療の困難な状況になり失明に至ることもあります。

5感染症

手術後に極めてまれに目の中に細菌が入ることがあります(眼内炎)。目は閉鎖空間なので、毒性の強い細菌が入ると、かなり視機能が下がってしまい、失明に至ることもあります。

最新の硝子体手術
~世界最小切開(わずか0.4mm創)の無縫合硝子体手術について~

ここ数年来の硝子体手術の技術の進歩によって、白内障手術と同じように低侵襲な日帰り手術をめざして、創口がどんどん小さくなってきました。院長は大学病院在職中にたくさんの硝子体手術を行う傍ら、世界最小の切開創(わずか0.4mm)から行う「27ゲージ小切開硝子体手術システム」の臨床開発に成功しました。

この最新のシステムによる硝子体手術では、白内障手術以上に創口が小さく、殆どの症例では無縫合で手術を完遂できますので、日帰り手術を実現できるのみならず、術翌日から写真の通りのきれいな仕上がりになっています。当院では網膜硝子体疾患の大多数の硝子体手術をこの最新の27ゲージ手術システムで行っており、安全かつ低侵襲な日帰り硝子体手術を提供しております。

症例写真

黄斑前膜の術翌日の前眼部写真ですが、手術した創はほとんどわからないのが27ゲージ硝子体手術の利点の一つです。右下の眼底写真では黄斑前膜を剥離した後の点状出血がわずか残っています。

症例写真
※院長による27ゲージ硝子体手術の動画がウェブ上に公開されています。
ご覧になりたい方は下記のリンクをご参照下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=PXjtJIETfEA
https://www.youtube.com/watch?v=80dztR04qQo

一番上に戻る
高槻(西冠)072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900 高槻(宮田町)072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540 八尾(桜ヶ丘)072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011

医療法人聖佑会日帰り手術ネットワーク

アクセスマップアクセスマップ
おおしま眼科クリニックおおしま眼科クリニック おおしま眼科池本クリニックおおしま眼科池本クリニック

~幅広い地域から検査や手術にお越しいただいております~

検査・手術にお越しいただいている地域