網膜静脈閉塞症

 

網膜静脈閉塞症とは

網膜全体に分布する血管に網膜静脈があります。網膜静脈が視神経内の根元や動脈と静脈が交差しているところで閉塞してしまう病気です。 眼底には閉塞部から放射線状や扇形に広がる網膜出血が認められます。網膜の中心である黄斑部に、血管閉塞が広がらなければ無症状のこともありますが、黄斑部にまで閉塞が広がると黄斑浮腫を生じ、視力が低下します。網膜静脈閉塞症には、根の部分が閉塞し網膜全体に出血する網膜中心静脈閉塞症(CRVO)と、一部が閉塞し網膜の限局した部位に出血する網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)があります。

症例写真

  • 網膜中心静脈閉塞症(CRVO)
  • 網膜静脈分枝閉塞症網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)

網膜静脈閉塞症はどんな方がなりやすいのですか?

網膜静脈閉塞症は高齢の方がかかりやすい病気ですが、特に高血圧の方に起きやすい病気です。これは、高血圧によって、網膜血管の硬化性変化が影響しています。

どのような症状が出ますか?

症状は、どの静脈が詰まるかで異なり大きな差があります。網膜静脈分枝閉塞症(BRVO)のように網膜の一部に閉塞が起こった場合、行き場を失った血液があふれ出して、眼底出血や網膜浮腫を起こします。出血している部分は、瞳孔から入ってくる光が網膜まで届かないため、その部分の視野が遮られます。 眼底の出血自体は、ゆっくりと時間をかけ引いていきます。出血が引いた後、最終的にどの程度視力が回復するかは、視力にとって一番大切な、黄斑の障害の程度によって異なります。閉塞の部位や程度によっては、まったく症状に気づかれない患者様もいらっしゃいます。一方、網膜中心静脈閉塞症(CRVO)のように根元が閉塞した場合は、眼底一面に出血や浮腫が広がり、当然黄斑にも出血や浮腫が強く起きますので、急激な視力低下、眼痛、物がゆがんで見えるなどの視力障害が起きます。出血は時間とともに引いていきますが、嚢胞様黄斑浮腫に進行したり、毛細血管が消失して血流が再開せずに、網膜の機能が奪われたままで、視力が回復しないことも少なくありません。

どのような治療を行うのですか?

網膜静脈閉塞症の根本的な治療はありません。症状の程度によりますが、急性期にはまず薬で閉塞した血管に血流の再開を促します。完全に閉塞した静脈が再疎通することは稀ですが、閉塞が不完全な場合には、血流障害の影響を少なくできます。黄斑のむくみ(黄斑浮腫)をとる目的でセンティスなどの抗VEGF中和抗体(ルセンティス・アイリーア)を硝子体注射行う場合があります。その後、経過観察を行い、網膜内での出血がある程度吸収された段階で、硝子体出血や血管新生緑内障の合併症の予防のためにレーザー治療を行います。蛍光眼底造影検査(写真参照)で、新生血管が発生しそうなところや長引いた浮腫を早めに見つけ、早めに凝固していくことが大切です。

どのような治療を行うのですか?

眼科疾患と治療について

一番上に戻る
高槻(西冠)072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900 高槻(宮田町)072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540 八尾(桜ヶ丘)072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011