アクリバ トリノバ(AcrivaTrinova)

 

アクリバ トリノバ

アクリバ トリノバ (AcrivaTrinova)は、2017年にオランダの VSY Biotechnology 社から発売された最新の3焦点型の乱視矯正もできるトリフォーカルレンズです。これまでの回折型の二焦点や三焦点レンズよりハローやグレアが軽減されるような光学設計を採用しており、遠方、中間、近方の見え方がよりスムーズに感じるようになっています。

レンズの特性

レンズの光学部エッジが他の回折型レンズのようなシャープエッジではなく、より滑らかな正弦波同心円パターンとなって、ハロー(光の輪状散乱)、グレア(光のにじみ)が少ない構造になっています。さらにEDOF(Enhanced Depth of Focus)という焦点深度を広げる機能を追加して、遠方、中間、近方がスムーズにみえるように設計されています。ただし、近方焦点距離は約40センチと欧米人の基準となっています。

レンズの特性

レンズの特性02

他の回折型マルチフォーカルに比べて光量のロスが少なく、どの瞳孔径でもほぼ同じ光分布が遠方、中間、近方に収束するので、明所でも暗所でも良好な視認性を得ることができ、多焦点レンズの欠点の一つである暗所での視認性を向上させました。

レンズの特性03

レンズの見え方の違い

アクリバ トリノバは、明所では遠方に40%、中間に30%、近方に30%、暗所では遠方に45%、中間に25%、近方に30%の光量分布しているので、解像力のシュミレーションを他社の多焦点眼内レンズと比較すると、明所、暗所ともに遠方、中間、近方で良好な見え方を示しています。

見え方の違い

一番上に戻る
高槻(西冠)072-676-8900高槻(西冠)072-676-8900 高槻(宮田町)072-690-7540高槻(宮田町)072-690-7540 八尾(桜ヶ丘)072-975-6011八尾(桜ヶ丘)072-975-6011